ふーいずの資産運用ブログ@アメックスを解約させない

社会人歴4年目20代のふーいずが資産運用したりクレジットカードについて考えたり雑談したりするブログ

独自ドメイン取得(お名前.com)

独自ドメインを取得しました。


独自ドメインってこんなに簡単に取得できるんですね…


流れを作るとか言っておきながら、本当に簡単すぎて、あまりスクショ取れませんでした…

 


参考にできるかは分かりませんが、ふーいずがやった流れを書いていくので、今後独自ドメイン取得したい!って人がいたら参考にしてください。

 

 

ふーいずは「お名前.com」で独自ドメインを取得しました。

 

【↓お名前.com↓】


ちなみにお名前.comでは登録実績2000万件突破キャンペーンをやっています。

(2019/5/8〜5/31まで)

 

 

●手順

1.自分がドメインにしたいワードを検索する

   ふーいずの場合は「whois6s」と入力して検索した。

f:id:whois6:20190520085655j:image

 


2.ドメインを選ぶ

    ふーいずの場合はドメインを「whois6s.com」にしたかったので「.com」を選びました。

f:id:whois6:20190520085714j:image

 


3.お申込み内容を選びます

   ふーいずの場合は、とりあえず1年にして、

   オプションもとりあえずつけました

   (申込みする段階では何も調べてませんでした…)

f:id:whois6:20190520085734j:image

 

後から調べてみると、オプションはそれぞれ、

○Whois代行転送オプション

「Whois情報公開代行メール転送オプション(以下、メール転送オプション)」とは、Whoisに掲載されている、ドメイン登録者の代替アドレスに届くメールを、登録者が指定するアドレスに自動転送できる「Whois情報公開代行サービス」をご利用のお客様向けのサービスです。登録しているドメイン名ごとに利用設定でき、転送先の受信アドレスも個々に設定することが可能です。

(お名前.com引用)


とりあえず独自ドメインのwhois情報に記載するアドレスを代行&そこに届いたメールを転送してくれるって感じですね…

(転送サービスからまだメールが来たことはないですが、何かドメインに問題があった場合などは必要になるかもです。)

 

 

○ドメインプロテクション

「ドメインプロテクション」とは、お名前.comで管理されているドメインの各種設定手続きの操作を制限することができるサービスです。

設定・変更する場合は、ドメイン登録者の承認が必要となり、承認を得ることで操作制限されている手続きを進めることができるため、不正ログインなどの意図しない操作を遮断することができ、さらなるセキュリティ対策強化に期待することができます。

(お名前.com引用)


やっぱりセキュリティって大事ですもんね…

 


まあ2つともお金がかかることなので、必要か考えて必要だと感じたらつけるという感じでいいと思います。

 

 

4.申込み内容を選ぶんで次にいくと、支払いの選択がでてきます。

   ふーいずはクレジットカード払いにしました。

f:id:whois6:20190520085815j:image

 

 

5.申込みをすると完了までloading画面になります。数秒〜数分とありますが、ふーいずは10秒ぐらいだったと思います。

f:id:whois6:20190520085833j:image

 

 

6.完了です。

f:id:whois6:20190520085850j:image

 

 


簡単ですねー(・∇・)

これで自分だけのドメインを持てるのです!


まあそのドメインをブログなどに結びつける作業はまだまだありますが…

一旦今回はここまでにしておきたいと思います。

 

 

 

でわでわ